奥深いお水の世界のこと

顧客管理は体入のときからやろう

キャバクラというとルーズなイメージの方もいるかもしれませんが私が体験したキャバクラは全然違うデジタルな世界でした。事の始まりは求人を見てバイトを探していたら素敵なお店がありましたというだけなんですけど、そのお店に面接に行ったらその日のうちに体入していきますかって声をかけてもらったんです。特に用事もなかったのでそのまま体入したんですけど、そのときに偶然良いお客様が現れたんです。全然知らないお客様と偶然にも映画が好きっていうことで共通してしまいお話が盛り上がったんです。そしたらそのお客様はその場にたくさんの部下や他の会社の友達などを呼んでくれてひと晩で多くの名刺を集めることができたんです。このときにお世話になったお店のナンバーワンの女の子が私に顧客管理しておいた方がいいと教えてくれて、他のお店に行ったときにも役立つなんていうことまで教えてくれたんです。もともとパソコンができたので今はタブレットにすべてデータを入れて管理しています。

時給のいいキャバクラでバイト

女性画像専門学校に通いながら飲食店のバイトをかけもちでしながらずっと頑張ってきた私ですが、さすがにちょっと疲れてきました。ファミレスや居酒屋の時給は深夜でもそれほど高くないので働く時間が長くて、学校とバイトだけでほとんどの時間を使っていました。このままでは、身体にも負担があるし、時給のいいバイトはないかなと思い夜のお仕事の求人を見ていた時にキャバクラの求人広告を見つけました。時給は居酒屋の3倍近くなのが魅力で、出来るかどうか体入(体験入店)もできるみたいだったので、取り敢えず面接に行きました。お仕事の内容を聞いて、お酒も飲まなくて大丈夫そうだったので、まずは1週間だけと思い入店。最初はお客さんとお話しするのも満足にできませんでしたが、慣れてくると何とかなるもので。意外にもお客さんからの評判がいいみたいでした。そのままキャバクラのバイトはいつの間にか半年になりました。ちょっと頑張ってみようと思います。

同じおじさん相手のお仕事なら断然キャバクラ

某大手居酒屋チェーンで夜間のバイトを私は1年くらいしていました。仕事帰りのサラリーマンのおじさんが常連さんに多いお店で、お客さんとお話しするのも仕事の一部みたいになっていました。お尻を触ってくるちょっとエロいおじさんも何人かいたりで、週末の人が多い時には休憩も満足にできないほどの忙しさでした。でも居酒屋さんの時給って労働力の割に安いんですよね~。で考えたのがキャバクラで働くこと。同じおじさん相手のお仕事だったらキャバクラの方が時給も高いし、と思ってキャバクラの求人情報誌に載っていた人気のお店に取り敢えず体入してみました。普段着なれないドレスとないおっぱいを無理やり寄せて(笑)谷間を作るのは大変でしたが、やってみると意外に楽しい感じでした。居酒屋の時は週に4日8時間勤務で働いていましたが、キャバに移ってからは週3日6時間でも、居酒屋の時よりもお給料もらっています。指名をいっぱい取れるように頑張りま~す。

風俗は抵抗あったのでキャバクラに

私、デザイナーになる為に専門学校に通っています。最初はブティックや飲食店(ファミレス・居酒屋)でバイトしていたんですけど、勉強する時間を今よりもたくさん取りたいので、時給のいいバイトを探していました。最初に考えたのは風俗でした。デリヘルとかヘルスだったら短時間で高収入も可能だし、やってみようかなとちょっと思ったんですけど、やっぱり、知らない人の前で裸になったり触られるのはやっぱり抵抗があって・・・でも高時給の仕事がしたい、そんな時に夜のバイトの求人広告で見たのがキャバクラの求人でした。お客さんにちょっと触られることはあるけど、裸になる訳じゃないし人と話するのは嫌いじゃないのでどんなものか体験入店(体入)してみました。おっぱいには割と自信があるので谷間が強調されるドレスを着て出勤、おじさん達にはそれが良かったみたいで、お店に入店したら指名すると約束してくれた人まで。取り敢えず1ヶ月やって出来そうだったら暫くやってみようかな。

月に10日くらいキャバクラでバイトしています

私はアニメーションやCGなんかを作成する業界に入りたくて専門学校に通っているんですが、親との約束で自分で働きながら学校に行ってます。学費の一部は親から援助してもらってますけど、マンションの家賃も含めた生活費は全部自分なので、バイトに明け暮れる毎日が続いていました。学校とバイト先の往復だけで毎日が終わる状態で1年頑張ったんですけど、ちょっと自由に好きなアニメを観る時間も欲しいなと思い高時給のバイトを求人サイトで探すようになりました。そこで見つけたのがキャバクラ、時給はこれまでのバイトの3倍以上で凄く興味を持ちました。でも、あまり社交的じゃない私みたいなプチオタクでも出来るのかな?と不安がありました。取り敢えず面接に行ってみたら体入(体験入店)で試してみたらと言われて、まずは1日だけと思いお試し入店。今まで着た事のない、肌の露出の大きいドレスに驚きながらお客さんの前に。偶然ですがアニメ好きのお客さんでマニアトークで話は弾み、スタートは上々。どうなるかわかりませんが、もうちょっと続けてみます。